移住者の声

地産の食材をお菓子に 奥山 千晶さん(吉舎町敷地)

参彩堂家族集合写真

ここに来るまで30年間都会で洋菓子を作っていましたが、当時は素材を業者から買い、作っては売るというだけの繰り返しでした。

移住しようと決めて、「山がいいよね」という娘との話からインターネット等で情報を集めて、広島県そして県北地域に絞りました。三次市の空き家バンクで住居を探し、最終的にここのロケーションを気に入ったことや、住んでいる人たちの人柄がよかったので決めました。

うちでは、すべての商品に三次産の米粉を使っているんですよ。米粉は、あっさりした食感なのが特徴です。

家のそばの畑でお菓子に使う野菜も作りたいのですが、まだまだ研究が必要なので・・・。今は三次ピオーネを使ったカステラを考案中です。

地域の方々には、本当に大切にしてもらっています。野菜をつくる畑を手配してもらったり、お店を頻繁に利用していただいたりと、地域の絆を感じています。

参彩堂

『三次に来てよかった度』を点数にすると私は80点なのですが、娘は95点と高評価なんですよ。もっとも娘婿は友人が少なくて寂しそうですが。

これから移住を考えている人には、「田舎にどう行けばどうにかなる」というのではなく、自分が就きたい働き先や定住する目的を持ってくることが大切だと思いますね。

定住候補地の支援体制なども、よくよく調べる必要があると思います。

 

洋菓子店を営んでいた神奈川県茅ケ崎市から2013年3月に娘夫婦と一緒にIターン。2014年4月には吉舎町敷地に菓子舗「参彩堂-MISAIDOU」をオープン。奥さんと娘夫婦4人でお店を切盛り。62歳

参彩堂

【店舗情報】

菓子舗「参彩堂」三次市吉舎町敷地1733
電話番号/0824‐43‐2229
営業時間/10:00~18:00
定休日/火曜日
https://twitter.com/misaido_miyoshi

移住・定住動画

  1. みよしで暮らそう(広島県三次市) みよしで暮らそう
  2. オススメ!定住チャンネル

三次市関連サイト

三次市ふるさとサポーター

 

三次市地域おこし協力隊

 

三次暮らしはじめませんか?

チェック

ブリーゼ ログハウスの雰囲気に合うピザを 浅野 陽一さん(粟屋町) ベッカライナガヤ 祖母が住んでいた地でドイツパンを 村上 洋子さん(廻神町) 織田さん 本当に美味しいと思ってくれる人に、届けたい 織田 正司さん(廻神町)

関連サイト

広島暮らし

 

広島県 HIRO-BIRO

 

広島暮らし支え隊

 

認定NPO法人ふるさと回帰支援センター

 

JOIN

PAGE TOP