移住者の声

Uターンして念願のお店をオープン 川口 志保さん(高杉町)

川口さん

私は三次で生まれ育ち、高校卒業後は関西へ進学。25歳の時に三次に帰郷し、その年に開館した奥田元宋・小由女美術館に就職しました。それから結婚し、子どもを授かましたが、5年後に広島市に転出することになり、三次を離れることになりました。

広島市に移ってからは、子育ての合間に子ども服を作り、イベントで販売をするようになりました。主人もアクセサリーなどの作品づくりをしていたことから、2人の店を持つことが共通の夢となり、広島市内で自分たちのお店となる物件を探しましたが、「よしここで」という物件もなく、3人目の子どもができて実家に帰った時、ふっと「三次(ここ)だ」と思いました。

2014年9月に実家に戻り、子どもの出産等で少し時間がかかりましたが、実家の隣に自宅兼店舗を構え,2016年6月に念願の雑貨屋「nicoichi」のオープンにこぎつけました。

ニコイチ

ここは、三次市内からも少し外れた場所なのでお客さんが来るか不安でしたが、オープン後はクチコミなどで広がり、広島市や島根県からもお客さんに訪れていただけるようになりました。

子育てするのも三次はいいですね。

次はカフェをオープンするのが夢です。

 

広島市内から2014年にUターン。2016年6月に志保さんの実家隣に自宅兼店舗を構え、念願の雑貨屋「nicoichi」のオープン。ここでは自らがつくる子供服ブランドchiffonとご主人が手掛けるアクセサリーなども取り扱う。夫と3人の子どもの5人家族、36歳

ニコイチ

【店舗情報】

雑貨屋nicoichi 三次市高杉町2330番地
電話番号/050‐5535‐0862
営業日/火、水、木曜日 10:00‐16:00
http://nicoichi-cafe.com/

移住・定住動画

  1. みよしで暮らそう(広島県三次市) みよしで暮らそう
  2. オススメ!定住チャンネル

三次市関連サイト

三次市ふるさとサポーター

 

三次市地域おこし協力隊

 

三次暮らしはじめませんか?

チェック

ブリーゼ ログハウスの雰囲気に合うピザを 浅野 陽一さん(粟屋町) ベッカライナガヤ 祖母が住んでいた地でドイツパンを 村上 洋子さん(廻神町) 織田さん 本当に美味しいと思ってくれる人に、届けたい 織田 正司さん(廻神町)

関連サイト

広島暮らし

 

広島県 HIRO-BIRO

 

広島暮らし支え隊

 

認定NPO法人ふるさと回帰支援センター

 

JOIN

PAGE TOP